がん保険に支払う保険料の高さには、それだけの保障の充実差がある
がん保険の保険料

がん保険と女性限定

女性のみがかかるがんには、いくつかあります。
このように女性特有のがんに対してプランが組まれているがん保険は、手厚い保障がついています。

一般のがん保険にには加入しているが、女性限定のものはないという場合には、元々あるがん保険に特約として女性特有のがん保険をつけることもできます。しかし単につけるといっても、多少支払う保険料が高めになってしまうのが現状ですが、保障は充実していますので支払った分は十分にカバーしてもらえる保険であると考えて間違いないでしょう。

また、保障の範囲に限りがあるものでは保険料が安くなるものもありますし、女性特有のがん以外には保障されないといった複雑なものがあります。
どちらにしても、女性限定のがん保険ではその契約内容や保険料などに関係して、保障も変わってきてしまいますので、あらかじめ契約内容をきちんと理解して、特約をつけるにしても給付金などの保障を見極めて加入することが、最も大事になってきます。

さらに女性限定のがん保険には、乳がんに関係して乳房の再建にかかわる保障などがついているものもありますし、保険会社によって給付金の名前や、その対象なども変わってきてしまいますので注意してみていくことが重要なポイントになります。

ページの先頭へ戻る